交通事故では体にどんなダメージがあるのか考えていきましょう。

1トンや2トンの車が衝突するため車の怪我は少なくても、中に乗ってる人には大きな力が働きます。

首が揺さぶられる、むち打ちという状態が発生します。
一瞬で前後や左右に強く速く揺さぶられるため、その力から体を守るために筋肉や靭帯が犠牲になります。

そうすると骨の異常はなくても、関節の動きが正常にだせなくなってその動きをかばうようにやがて他の関節や筋肉も正常に働けなくなっていきます。

その状態が続けば、今度は姿勢(骨格)が崩れその中を走る神経や血管も正常には働けなくなることもあります。

これが交通事故に逢ってしまって、なおかつ正しく体を治すことができなかった場合おこってくることがあります。

院長が交通事故に逢い怪我や法律の問題で困ったことがあるので、交通事故に関する勉強会に参加し、院長と同じおもいをしている患者さんの助けになれればと思っています。

当院では、自然に治す力を高めていけるように施術していくことで、少しでも交通事故前の体に近づけれるように施術を行っています。