指を使うと痛む、曲げにくい、引っ掛かるそう言われる患者さんが当院では多いです。

ではバネ指では何がおこっているのか考えていきましょう。

指を曲げ伸ばしする筋肉があるのですが、その筋肉を抑えているものとの間に摩擦がおこり痛みや引っ掛かりがでやすくなると言われています。

なぜ摩擦はおきるのでしょうか??

姿勢が崩れると、関節や筋肉が正しい位置で使えなくなり負担が増え余計な摩擦をうみやすくなります。

手は運動神経を管轄する脳の約3割を占めていることから、第2の脳と呼ばれています。

それくらい大切な場所になりますので、当院では自然に治す力を高めていけるように施術していくことで、関節や筋肉が正常に働けるようにし、手から脳へ送られる報告と脳から手に送る指示をなるべく正確でたくさんの情報になるように考えています。