患者様の症状例

顎関節症【症例】

◆顎の痛みと音で来院された愛知県犬山市の患者様です。

顎の音は昔からなっていて、硬いものや大きく口を開けると痛みがでることは元々ありました。1年ほど前から痛みが強くなってきてほんの少ししか口が開けられなくなり病院に行ったら顎関節症と診断されました。ご飯も限られたものしか食べられないし困っていたところ友人に紹介してもらい常生接骨院に伺いました。先生は丁寧に説明してくださり施術をしてくれました。初めは不安な気持ちもありましたが通うたびに痛みが減っていって今では痛みもありませんし、顔が整ったように思います。

◆初めて来院された時は話すのも辛そうでしたね。柔らかいものと小さなものしか食べられないし見ていて痛々しい状態でした。姿勢の崩れや顔の位置関係が悪影響をだしていたので施術を行っていきました。頑張って通院された結果約4ヶ月ほどで痛みもなくなりよかったですね😃

顎関節症でお困りの方は岐阜県可児市の常生接骨院にご相談下さい(^^♪

関連記事