患者様の症状例

脊柱管狭窄症 【症例紹介】

◆今日ご紹介するのは、脊柱管狭窄症と診断され足のしびれ、腰の痛みで来院された岐阜県関市の患者様です。

 

足のしびれがあり、100m歩くと休憩しないと歩けない状態でした。こちらの常生接骨院にきてしびれはほとんどなくなりました。

 

◆薬やリハビリなど色々な治療を受けたけどしびれがとれないと言われていましたね💦正しく歩けない状態で一歩一歩の衝撃が体に負担をかけ、筋肉は固まり姿勢は悪くなっていました。4ヶ月ほどかかりましたが正しい歩行ができるようになり姿勢も筋肉も正常に働けるように施術をした結果がでて関市から通院したかいがあってよかったと常生接骨院としても思っています^^今後もしびれがもどらないようにしていきましょうね♪

 

岐阜県可児市で口コミの整体・接骨院と言えば 常生接骨院 jousei(^^♪

関連記事